三谷の近況コラム

2016年10月31日

次の総選挙の噂もチラホラ聞こえるようになり、否応なく自分も準備を加速させて参ります。そんな中でも欠かさず見ているのがNHKの大河ドラマ「真田丸」。武田家の滅亡に伴い、ある者は織田へ、ある者は北条へ、あるいは上杉へと、ばらばらに身を寄せる旧家臣の悲哀。私心なく豊臣家に尽くしてきたはずなのに、気が付いたら孤立し、関が原で散っていった石田治部(三成)の苦悩。冷徹な歴史を改めて目の当たりにし、みんなの党の解党前後から本日に至るまでのわが身を振り返り、身につまされながら活動を続ける毎日です。さて、民主主義において選挙は弓矢を使わない「戦」だといわれます。戦国の世であれば一度なくしたこの命。怖いものはありません。「日の本一の兵」として必ずや勝利を手にするべく、残された時間を全力で駆け抜けて参ります。落選してから無所属で過ごしてきた雌伏の刻も経て、そろそろ自分も九度山村を抜け出る時期がやってきたようです。

近況コラム バックナンバー

  • 三谷's EYEブログ
  • ツイッター発発言録
  • 事務所のご案内
  • 三谷塾
  • みらい
  • ご支援・献金のお願い
  • ボランティア・インターン募集
  • 三谷応援団
  • メルマガ登録
  • ご意見・お問い合わせ